デブ菌を増やすサプリで簡単ダイエットをしましょう!
デブ菌を増やすサプリメントの情報満載のブログです。

デブ菌サプリランキング

いくら食べても太らない女性っていますよね?テレビで見かける大食いチャンピオンの女性は、あんなに大量に食べているのに、みんなスリムです。
デブ菌サプリランキング
なぜ、食べても太らないのかというと、その秘密は、デブ菌と痩せ菌の量や比率にあったんです。昔ほどではないけど大食いで有名になったギャル曽根さんも痩せているのは、デブ菌が少ないからなんです。
デブ菌サプリランキング
もし、デブ菌が多い人が、大量に食べれば当然ですが、太ります。ですが、デブ菌が少なければ、太りにくく痩せやすい体質になり、食べても太らない痩せ体質が手に入るんです。

今までどんなに頑張ってダイエットをしても痩せなかった原因は、デブ菌が多かったせいかも知れませんよ!じゃあ、デブ菌を減らして痩せ菌を増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

そのために有効なのが酪酸菌です。ん?乳酸菌やビフィズス菌なら知ってるけど、酪酸菌って何?って人も多いでしょう。酪酸菌は、ぬか漬に多く含まれています。

でも、現代の食卓に「ぬか漬け」ってあまりないですよね…あっても、田舎のばぁちゃん家に行った時に食べるくらいかな?って感じかと思います。だって、ぬか漬けは作るのも、ぬか床を管理するのも、面倒だし臭いが苦手って人も多いでしょう。

じゃあ、どうすれば、デブ菌を減らして、痩せ菌を増やせるか!っていうと、デブ菌サプリがオススメです。デブ菌サプリなら飲むだけで簡単にデブ菌を減らせて、痩せ菌を増やせます。

それだけでなく、料金が安価で、ダイエット効果が高いので、ぬか漬けや痩せ菌レシピとかでデブ菌を減らすより、ずっとコスパが高いんです。デブ菌サプリを実際に試して効果が高く、アットコスメで口コミ評価が高いもので順位付けしました。

1位:エルフィング

デブ菌サプリランキングにおいて、第1位に輝いたのは、エルフィングです。

エルフィングは、他のデブ菌サプリと異なり、定期購入を行っても定期縛りなしので、使ってみたけど効果を感じられなければ、初回のみで解約することができます。

でも、実際にエルフィングを使ってみてデブ菌ダイエットは成功したのかどうなのかってところが気になると思うので、限定特典付きのレビュー記事を書きましたので下記から参照して見て下さい。

下記レビュー記事を今すぐタップ♪

エルフィング
▶エルフィング!

2位:コンブチャ生サプリメント

デブ菌サプリランキングにおいて、第2位に選ばれたのは、コンブチャ生サプリメントです。

コンブチャ生サプリは、他のデブ菌サプリと異なり、30日間の返金保証がついています。ですので、使ってみたけど腸内細菌フローラと相性が良くないのかデブ菌ダイエットの効果がないと感じた場合は返金申請できます。

でも、実際にコンブチャ生サプリを使ってみてデブ菌ダイエットは成功したのかどうなのかってところが気になると思うので、限定特典付きのレビュー記事を書きましたので下記から参照して見て下さい。

下記レビュー記事を今すぐタップ♪

コンブチャ生サプリ
▶コンブチャ生サプリ!

3位:ラクビ

デブ菌サプリランキングにおいて、第3位に選ばれたのは、ラクビです。

ラクビには返金保証もありませんし、定期縛りもついています。ですので、初回だけで解約することができません。ですが、他のデブ菌サプリにはない酪酸菌が含まれていることで、乳酸をプロピオン酸や酪酸に変えることができます。

でも、実際にラクビを使ってみてデブ菌ダイエットは成功したのかどうなのかってところが気になると思うので、限定特典付きのレビュー記事を書きましたので下記から参照して見て下さい。

下記レビュー記事を今すぐタップ♪


ラクビ
▶ラクビ!

デブ菌ラボ

デブ菌ラボでは、腸内細菌叢の日和見菌であるデブ菌を減らす!痩せ菌を増やす!という腸内フローラをキレイにすることによって、痩せ体質に生まれ変わることを目的とした対策を食事や運動などを中心に紹介しています。

デブ菌を減らして腸リセット術を行うことで、短鎖脂肪酸を増やすことにより、体脂肪が燃えやすく、食事から摂取した脂肪を体脂肪にさせにくい体質に変えていくことが目的です。

ヤセ菌の好物になるエサで腸内フローラが改善

ヤセ菌の栄養源となる短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオン酸、酪酸など)が含まれる酢の物、フルーツ、ヨーグルト、食物繊維が食事の中心になると痩せ菌が優勢な腸内フローラが出来上がります。

これは、腸博士である藤田紘一郎医学博士が言われていることなので信ぴょう性が高いでしょう。

腸内細菌は免疫を作り、自然治癒力の源泉にもなっている大事なものです。それなのに、日本人の体内では減っています。それは大地で育つ野菜や果実の摂取量が減る一方で、防腐剤や添加物入りの食べ物などをたくさん食べていることとも関係があると思います

藤田紘一郎医学博士が、おっしゃっているように腸内フローラを綺麗に改善するためには、腸に良い野菜や果物を摂取するだけでなく、防腐剤や添加物などの腸に悪影響を与えるものを控えるという両面からの対策が必要ですね!

デブ菌を減らす方法は?サプリメントがおすすめ

デブ菌を減らす方法としては、腸内フローラを整える食事改善や体脂肪を減らす運動がありますが、デブ菌サプリメントを飲むのが一番簡単でオススメです。そもそも、運動を続けれらるなら太っていませんよね?

オリゴ糖の多い食品でデブ菌を減らす

オリゴ糖を含む食品を食べると痩せ菌がオリゴ糖をエサにして増えるので、相対的にデブ菌は減って行きます。オリゴ糖が多い食品には、バナナ、大豆などの豆類、玉ねぎ、ねぎ、ごぼう、ヤーコン、アスパラガスなどがあります。

水溶性食物繊維の多い食品でデブ菌を減らす

水溶性食物繊維の多い食品は、痩せ菌のエサになるので、必然的にデブ菌を減らすことに繋がります。水溶性食物繊維の多い食べ物としては、リンゴ、ミカン等の果物、芋類、 キャベツや大根等の野菜類、こんぶやわかめなどの海藻類などがあります。

ビフィズス菌入りヨーグルトでデブ菌を減らす

ヨーグルトには乳酸菌が入っていますが、ビフィズス菌が入っているかどうかは、後から添加しているかどうかによります。ですので、ビフィズス菌入りヨーグルトかどうかをチェックして購入するようにしましょう。

ビフィズス菌は大腸の善玉菌で、乳酸菌は小腸の善玉菌なので、ビフィズス菌入りヨーグルトを食べれば、腸内環境が整えられて便秘が解消するので、痩せ菌を増やし、デブ菌を減らす効果があります。食べるなら寝る1時間程度前が良いでしょう。

酢キャベツでデブ菌を減らす

キャベツには水溶性食物繊維が含まれていて、この水溶性食物繊維によって、デブ菌の好物である脂肪や糖をくるんで便として排出してくれます。

さらに、酢キャベツにすれば、酢は酢酸という短鎖脂肪酸なので、デブ菌を減らして、痩せ菌を増やす効果が期待できます。でも、酢キャベツは不味いと悪評が高いので、デブ菌サプリを飲む方が楽ですよ。

納豆でデブ菌を減らす

納豆には、オリゴ糖が含まれているので、痩せ菌のエサになりデブ菌を減らす効果があります。それだけでなく、納豆菌やナットウキナーゼという腸内環境や血流改善効果がある成分が含まれています。

納豆を食べる時に気をつけたいのは、アツアツのご飯にかけたり、納豆チャーハンなどで加熱調理しないことです。なぜなら、ナットウキナーゼは高温(50℃以上)になると活動が低下して効果が薄くなるからです。

納豆は、腸内の悪玉菌の増殖を抑制する働きもあります。悪玉菌が増えると太りやすくなってダイエットしにくくなるだけでなく、体臭や口臭が悪化して、免疫力が低下します。

腸内環境の悪化になるので、最悪の場合には、大腸がんになる可能性もあるのです。納豆によって、悪玉菌とデブ菌を減らして、痩せ菌と善玉菌を減らすなら、夕食時に納豆を食べると効果が高いとされています。

腸内のデブ菌を全滅させる?

デブ菌が多いと太りやすくなるし、体調を崩す原因になるのならデブ菌を全滅させちゃえばいいじゃないか!と思うかも知れませんが、悪玉菌と同様に数を減らせば良いというわけではないのです。

腸内細菌の善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが、2:1:7がベストであるのと同様に、痩せ菌とデブ菌は、6:4がベストです。痩せ菌とデブ菌は日和見菌なので、日和見菌7のうちの痩せ菌とデブ菌のバランスを6:4にします。

痩せ菌サプリランキング

飲むだけで腸内細菌フローラをキレイに育ててダイエットが出来るというのが、痩せ菌ダイエットです。腸内にいる善玉菌と悪玉菌より数が圧倒的に多い日和見菌の中にいるのが、痩せ菌とデブ菌です。

痩せ菌は痩せている人の腸内に多く、デブ菌は太っている人の腸内に多いことが、医学誌の「サイエンス」や「nature」にも掲載され、NHK総合「これがカラダの新常識 美と若さのヒミツ」で痩せ菌ダイエットが放送されてから話題になっています。

これ以降、多くの医師たちが痩せ菌ダイエットもしくはデブ菌ダイエットを健康情報番組で広めたことにより、無理せず痩せられる痩せ体質を作る腸内環境改善ダイエットがブームを引き起こしています。

この痩せ菌ダイエットを行うためには食事改善することが必要ですが、欧米化された現在の食生活を変えることは難しいので、痩せ菌サプリという簡単に痩せられるものがありますので、下記の特集記事を参照して下さい。


痩せ菌サプリ
▶痩せ菌サプリランキング